発達障害を抱える子供達にとって、新しい生活の変化というのは容易に受け入れられるものではないと言えるでしょう。

特に、保育園や幼稚園などに通うことになると、今までとは違い「集団での行動」というものを意識せざるを得なくなるのではないでしょうか。

発達障害

また、こういった期間に入ると、親としての接し方も「他の子と同じように」といった傾向が強くなると言われているようです。

これまで、その子のペースや目線に合わせてきた分、一番身近で信頼できるはずの親までが辛い存在となってしまいかねないのが、この時期であると言えるでしょう。

年齢を重ねていたとしても、変わらずに「子供の目線」を捉えるよう心がけておくことが大切なのではないでしょうか。

そもそも発達障害という言葉に捉われすぎず、子供というのは多種多様な発育状況ということを念頭に置いて接していく姿勢が大切なのではないでしょうか。

集団生活で疲れているかもしれないと感じる場面があるならば、一度休憩するのも良いでしょう。

そういった子供達のSOSは、朝の支度のスピードであったり、忘れ物が頻繁に見られるようになったりという部分で感じられることが多いようです。

園に預けているからといって、任せっきりにせず、先生ともコミュニケーションをうまく取り、園ではどういったっことが得意で、反対にどういうことが苦手であるのか、という点を把握するようにすると良いでしょう。

苦手なことがそのまま続いてしまう事ほど本人にとってストレスになってしまうのではないでしょうか。

家の中で練習できるような事であれば、遊びの中に工夫して取り入れるなどして、園にいくことが楽しみになるような環境づくりをしていくということも大切なのではないでしょうか。