子供にとって、スキンシップというのは、絶大な効果があるというのはご存知でしょうか。

スキンシップというのはダイレクトに感覚を刺激されるため、いくら鈍感である子供でもストレートに愛情を感じられる行為であると言えるでしょう。

保育園や幼稚園に上がる前はもちろん、「いつも通り」に見えたとしても、子供たちは新しい生活に対して少なからずストレスを感じているのは否定できないと言えるでしょう。

家では変化が見られなかったとしても、園で見せる姿は全く別であるという子供は少なくないのではないでしょうか。

連絡ノートに自分の知らない子供の行動や表情、感情などが書かれていたら、そこには日常との差に対してストレスというものが存在していると考えられるのではないでしょうか。

心配して動揺してしまう前に、しっかりとスキンシップをとってあげることは、何よりも子供のストレスを軽減してくれるのではないでしょうか。

大人であっても疲れている時の何気ない励ましの一言などは、頑張る力になるといったことは誰でも経験した事があるのではないでしょうか。

もし、心が重たくなっているなら、スキンシップによってほぐれたとき、お話を聞いてあげるだけでも心は軽くなるでしょう。

発達障害を抱える子にとっては、こういったコントロールによって大きく成長を見せてくれる可能性もあるのではないでしょうか。