「発達障害」をもつ子どもたちのことを、「個性豊かな子どもたちである」と表現する人々がいます。

「発達障害」は、知的な遅れなどがみられないにも関わらず、生まれる前からの脳の障害などが原因で、「発達」に遅れがみられたりする「障害」の一種なのです。

子どもたちに表れる「発達障害」の症状は様々であり、その複雑さに、子育て中の両親たち自身が、専門的なカウンセリングが必要とする事もあるほど、不思議な言動や行動を起こす子どもたちもいます。

「発達障害」をもつ子どもたちの中には、成長過程の中で、周囲からその「障害」に気づかれる事なく大人へと成長する、子どもたちもいます。

そのような「障害」に気づきのなかった子どもたちは、成長過程において、集団生活や社会生活を送る事に、自分自身に対しての違和感を覚える子どももいれば、そのような問題となる「つまずき」は全く感じずに、スムーズに社会生活に馴染んでしまう子どもたちもいます。

「発達障害」の程度については、多様に考えられていますが、その程度が「軽い」ような場合ですと、一般的な「定型発達」の子どもたちと、見かけからは、ほとんど気づかれる事のない子どもたちもいるようです。

また、その「障害」の存在に、周囲の大人たちが気づかずかない事柄も珍しい事ではないようなのです。

「発達障害」をもつ子どもたちの中には、周囲の特別なサポートを受けずとも、自分自身の社会的なつまずきを、自分自身でフォローしながら、社会的な生活の中で、成長を遂げてしまうような子どももいます。

そのような子どもたちの、「障害」となっていた部分は、成長とともに多様化され、ほとんど分からないような「障害」となってしまう事も少なくないようです。

「発達障害」をもつ子どもたちのことを、「個性豊かな子どもたちである」と表現する事は、豊かな人間性を表わしているような言葉にも聞こえてきます。