「発達障害」の中の一つである、「学習障害」の原因は、「脳機能の偏りである」などとも考えられています。本来ならば、バランスよく働かなくてはならない脳機能がアンバランスから、「読み・書き・計算」などの学習困難を生み出しているようなのです。そのような子供達の「特性」に気づくことで、適切なサポートや支援を行うことから、その脳機能のアンバランスさは、調整されバランスを取り戻すなどとも考えられています。子供たちの「障害」に対する適切な支援やサポートを行うことは、子供達が困難とする「読み・書き・計算」の苦手な部分の軽減につながるようなのです。子供たちが宿題を持ち帰ってきても、積極的に机に向かわなかったり、夏休みの宿題の絵日記などを書くことを拒んだり、作文を完成させることができない、そのような学習課題から向き合おうとせずに、どうして読み書きをすることを避けているのだろうなどと、子供たちの不可解な行動に不安を抱える親御さんの中には、子供たちの「学習障害」に気づくことが出来ずに、強く叱ってしまったり、注意してしまったりするようなこともあるのではないでしょうか。子供たちの「学習障害」は、生まれながらに「発達障害」が持つ脳機能障害などとも呼ばれています。脳の働きのバランスの悪さなどが、指摘されています。脳機能の偏りによって、うまく文字を読んだり、数字を計算することが、苦手としているようなのです。「学習障害」を持つ子供達も、一つ一つ文字や数字の概念を理解していくことで、その偏りは調整され、苦手な「読み・書き・計算」が徐々に行えるようになると考えられています。