発達障害を持つ子供達は、大きく分類すると「 ASD (自閉症スペクトラム障害)」「 ADHD (注意欠陥・多動性障害)」「 LD (学習障害)」などに分類することができるようです。これらの特性は、重複して現れるようなこともあり、多くの場合は、そのような特性の現われが個性などと呼ばれることもあります。周囲の大人たちは、彼らの特性の見極めや、毎日の行動における方向性などを、よく理解し、必要があれば軌道修正をかける必要があるでしょう。特に社会性を身につける、世代の子供たちにとって、彼らの特性やこだわりが、障害となって社会的環境からはみ出してしまう、というような状況が、彼らの成長に与える影響は大きいのではないでしょうか。発達障害を持つ子供たちは、同じ障害を持つ子供たちと分類されても、実際は、個人個人によってその特性には、かなりの異なりが見られますので、個人的なその違いを、見極めながら彼らの感情や感覚行動などを、深く理解していく必要があります。社会性を身につけることを考える上で、障害を持つ子供たちとの関わりというのは、周囲の大人たちとしてはあらゆる観点からの見極めを行わなくてはならないでしょう。