発達障害を持つ子供たちは、時として、周囲から共感できないような、突飛な行動をとってしまう子供達が多いようです。そのような行動は、集団行動において、特に目立つため、学校教育の現場などでは時として、問題行動などとして指摘されることもあるようです。彼らの多くは、周囲の子供たちが、何の問題もなくこなせているようなことが、苦手であったり、うまく理解できていなかったりすることが、そのような問題行動や、突飛な行動につながってしまっている可能性があるようです。発達障害は、生まれながらに脳の機能の一部に障害を持っていることが原因であるなどとされていますが、自分自身が置かれている環境や、状況といったような認識や、判断がスムーズにうまく行われていないのではないかと考えられています。そのような時には。彼らの内面に寄り添いながら、彼らサイドに一緒に行動を共にしてあげられるようなサポート役の大人たちが、時として必要となるようです。彼らに彼らが置かれている状況説明を行い、彼らの内面的な状況を汲み取ってあげることで、 集団行動での問題行動が問題視されなくなってくるようなこともあるようです。このような集団生活の中における発達障害を持つ子供たちの問題点については、何よりも、周囲の理解やサポート役に回る大人たちの十分な発達障害への認知度や、彼らへの理解力が必要となってくるようです。