近年、大きく変化する食生活のあり方は、欧米化しているとされ高たんぱくで高脂質の食べ物が増加傾向にあるとされているようです。日常生活のなかで皆さんが召し上がっていらっしゃる毎食のお食事も軟食化する傾向がみられているのではないでしょうか。柔らかい食べ物は食べやすく咀嚼回数が少ないことから強く噛む必要がないとされ、多くの子どもたちの発育にも影響を与えているようなのです。現代的な生活のなかで、子どもたちは満足に噛む力をもたない、食べ物をうまく呑み込めないなど咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)に何かしらの問題を抱える子どもたちの姿があるようなのです。お食事のメニューの軟食化は、子どもたちの咀嚼筋の発達を劣らせるとともに顎の発達にも影響を与えるとされているようなのです。子どもたちの顎の発達は、歯並びに影響するとして歯並びの良い子どもたちの共通点としても、幼児期より咀嚼筋を鍛えるようなお食事のメニューに気を配られているお父さんお母さんの姿があるようなのです。