寄り添いの訪問歯科診療

歯科診療の大切さを知っていますか?

カテゴリー: Column Page 1 of 2

睡眠時無呼吸症候群の悪影響

睡眠時無呼吸症候群を知っているけれど、どのような病気が分からないという方はたくさんいます。この文章では、睡眠時無呼吸症候群について解説していきます。

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている時に大きないびきをかいたり、呼吸が止まったり、それによる息苦しさによって目が覚めてしまったり、さらには咳き込んだり、異常に汗をかいたりするような症状が現れます。

さらに起きている時にはずっと眠かったり、体が異常に怠かったり、何事にも集中できなかったりするような症状が現れます。

30代から50代の、体型の変化が起きやすい年齢の方々に多く見られやすいです。

睡眠時無呼吸症候群になると、日中は絶え間なく眠気に襲われ、仕事にも集中できないようになるため、仕事ができなくなるのはもちろんのこと、人間関係も悪くなります。できるだけ睡眠時無呼吸症候群にならないように気をつけましょう。

口臭の解決法

口臭に悩んでいる方は世の中にたくさんいます。世の中の半数以上の人が、口内環境について悩みがあると回答している調査もあります。この文章では、口臭の原因と、その対策について解説していきます。
口臭の原因は主に三つです。
一つ目は生理的口臭で、口は食べ物の通り道にあるため、空腹時や食事後に口臭が生じてしまいます。これは病気ではなく、普通のことであるため、対策する必要はありませんが、いい匂いがするタブレットなどを食べることで解決することができます。
二つ目は心因性口臭で、自分の臭いを気にしすぎてしまったり、自分の臭いはほとんどないのに、あると思い込んでしまったりする場合の口臭のことを言います。これを治療するためには心理カウンセリングが有効です。
三つ目は病的口臭で、虫歯や歯周病などの病気が原因になっています。この場合は、すぐに歯科医院に行って治療をすることをお勧めします。
口臭は病気のサインかもしれません。口が臭いと思ったらすぐに歯科医院に行きましょう。

虫歯の原因とは?詳しく解説!

人はなぜ虫歯になるのかと言うと、主な原因については細菌の繁殖によって起こるタイプ、食べ物が詰まることでできるタイプ、そして歯質が低下して起こるタイプの3種類があります。また、それぞれの虫歯の原因について更に詳しく説明していくと、細菌が繁殖してしまったり食べ物が付着したままになっている場合、ほとんどのケースがしっかりと歯磨きをしていないことが理由に挙げられます。

そして、歯質が低下してしまう原因に関しては、免疫力が低下してしまうくらいストレスを感じているとき、それとは違ってただ単に老化が理由で衰えてしまっていることも十分に考えられるので注意してください。対策としては毎日丁寧に歯を磨いて清潔な状態を保つこと、ストレスを溜めこまないようにして発散方法を見つけることになります。

被せ物の必要性とはその理由について

歯のいわゆる被せ物は、治療後の状態を保つ上で重要な役割を担うことから、必要不可欠だといえます。
被せ物は主に根管治療の後に行うもので、被せ物もまた根管治療の一部と捉えることができます。
根管治療が駄目でもNGですし、被せ物にも精度というものが求められます。
被せ物は歯科用の接着剤で固定が行われますが、歯に密着した状態で固定されないと繋ぎ目が目立ったり、汚れが溜まって問題が生じます。
その為、隙間なくぴったりと固定するのに精度が必要というわけです。
つまり根管治療を受ける場合は最後の仕上げに至るまで、精度良く治療が行える歯科医師に相談したり治療を任せる必要があります。
歯科医師とそれから歯科技工士の腕の良し悪しで仕上がりが決まるので、妥協せずに相談する歯科医院、歯科クリニックを選びたいものです。

電動歯ブラシの使用で得られる効果

電動歯ブラシは歯磨きを楽にするためだけのものだと考えている人が多いですが、それ以外にも嬉しい効果があります。手磨きのように疲れづらいだけでなく、振動や回転のおかげでしっかりと磨けるという効果があることを知っておきましょう。汚れを落とすための効果的な動きが搭載されているため、手磨きでは残りがちな汚れや歯垢までより確実に取り除きやすくなっています。汚れが残りづらくなることから食べカスが残ることで生じる口臭も予防できるようになるでしょう。効率的な歯磨きも実現できるので、短時間でもしっかりケアできるという効果まで得られます。こうした嬉しい効果が期待できるため、電動歯ブラシは非常に魅力的なアイテムです。

電動歯ブラシの選び方について

電動歯ブラシの効果は何と言っても、手で動かさないで歯垢を効率的に除去できることにあります。ただし電動歯ブラシにはいろいろなタイプがあるので、自分の目的やサイズの合ったものを利用することでさらに効果が高まることは覚えておくと良いでしょう。

まず駆動方式には音波式・振動式・回転式があってそれぞれで効果が微妙に異なります。もっとも細かく磨けるのは音波式で超音波を用いて微細な汚れも除去できるのでお勧めです。

次に大切なのはサイズで、自分の歯並びや大きさに合ったものを選ばないと歯茎にダメージを与えることもあるので注意が必要です。

そして最初に利用する際には必ず仕様書を確認し、手順に沿った磨き方をすることが重要になります。

電動歯ブラシの選び方

電動ブラシには、様々な形態や動きの物がある為、それぞれの電動歯ブラシの特徴をよく理解して、使用者の状態に適しているものを選択する事が大切です。電動歯ブラシには、手用歯ブラシよりも高いプラーク除去効果を期待したい所です。

しかし、各種電動歯ブラシの差や、手用歯ブラシとの差はないと言われています。結局の所、使用する本人がどれだけ意識して磨けているかが重要というわけです。電動歯ブラシは、歯ブラシ頭部の大きさや振動、全体の重さ、握りやすさ、口腔内での使用感などを考慮して、使用者が使いやすいものを選択するとよいでしょう。

いずれも専門家の指導を受けて正しい使い方をする事によって、プラーク除去効果を高める事が出来ます。しかしながら、電動歯ブラシは手用歯ブラシより高価である為、替え歯ブラシの交換のしやすさなども考慮して選択する必要があるでしょう。

歯科でのホワイトニング

歯を白くしたいと思う場合、自分でできるセルフホワイトニングと歯科で行うホワイトニングがあります。この二つの違いは過酸化水素が使えるかどうかという点にあります。歯を白くする働きのある高濃度の過酸化水素は劇物指定されているため、歯科医師や歯科衛生士しか使えないのです。過酸化水素なしでのホワイトニングは元の歯の色に戻すことができますが、あると元の歯の色よりよる白くすることができます。歯科で行う場合も光をあててその場で白くする方法、マウスピースを使用し利用方法を指導してもらって自宅で行う方法、神経がなく黒ずんでしまった歯だけに行うものがあります。どの方法をとるかは早く白くしたいかどうかや歯科への通いやすさ、自分で根気よくできるかどうかなどで決めます。

歯のメンテナンスができる歯科

歯科クリニックというと、虫歯の治療という印象がありますが実はメンテナンスのために通っている人も多く私もその一人です。メンテナンスというのは、クリーニングなどのことでその時に虫歯や歯周病の確認もしてくれるので虫歯も早期発見ができます。

4か月に1回お知らせが来るのですが、クリニックによって定期検診の頻度は多少違うものの念に数回は行くのがお勧めです。虫歯がなくてもクリーニングをしてくれるので歯石なども綺麗になって歯の表面も綺麗になりますし、私はたまにホワイトニングもしています。

歯が白くてきれいだと若々しく見えますし、肌にお金をかけるように歯にも少し手間やお金をかけて健康を維持したいです。実際、きちんと通うようになって歯がきれいになりました。

子どもたちの顎の成長

近年、大きく変化する食生活のあり方は、欧米化しているとされ高たんぱくで高脂質の食べ物が増加傾向にあるとされているようです。日常生活のなかで皆さんが召し上がっていらっしゃる毎食のお食事も軟食化する傾向がみられているのではないでしょうか。柔らかい食べ物は食べやすく咀嚼回数が少ないことから強く噛む必要がないとされ、多くの子どもたちの発育にも影響を与えているようなのです。現代的な生活のなかで、子どもたちは満足に噛む力をもたない、食べ物をうまく呑み込めないなど咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)に何かしらの問題を抱える子どもたちの姿があるようなのです。お食事のメニューの軟食化は、子どもたちの咀嚼筋の発達を劣らせるとともに顎の発達にも影響を与えるとされているようなのです。子どもたちの顎の発達は、歯並びに影響するとして歯並びの良い子どもたちの共通点としても、幼児期より咀嚼筋を鍛えるようなお食事のメニューに気を配られているお父さんお母さんの姿があるようなのです。

Page 1 of 2